Vba

文字列操作

String Manipulation

文字列を結合する | | | ミッド | レン | 命令



この章では、次の最も重要な機能を紹介します。 文字列を操作するExcel VBA

を配置します コマンドボタン ワークシートに、以下のコード行を追加します。コード行を実行するには、シートのコマンドボタンをクリックします。





文字列を結合する

&演算子を使用して文字列を連結(結合)します。

コード:



なし文1NS 、text2NS
text1 = 'Hi'
text2 = 'ティム'

MsgBox text1& ''&text2

結果:

文字列を結合する

注:スペースを挿入するには、 ''を使用します

文字列から左端の文字を抽出するには、Leftを使用します。

コード:

数値をExcelで日付に変換する
なし文章NS
text = 'サンプルテキスト'

MsgBox Left(text、4)

結果:

左

文字列から右端の文字を抽出するには、Rightを使用します。関数にテキストを直接挿入することもできます。

コード:

MsgBox Right( 'サンプルテキスト'、2)

結果:

文字数を数えるExcel

右

ミッド

文字列の途中から始まる部分文字列を抽出するには、Midを使用します。

コード:

MsgBox Mid( 'サンプルテキスト'、9、2)

結果:

ミッド

注:長さ2の位置9(t)から開始します。ストリングの途中から始まり、ストリングの終わりまでサブストリングを抽出する場合は、3番目の引数を省略できます。

レン

文字列の長さを取得するには、Lenを使用します。

コード:

MsgBox Len( 'サンプルテキスト')

結果:

レン

注:スペース(位置8)が含まれています!

命令

文字列内の部分文字列の位置を見つけるには、Instrを使用します。

Excelセルの余分なスペースを削除する方法

コード:

MsgBox Instr( 'サンプルテキスト'、 'am')

結果:

命令

注:文字列 'am'は位置3にあります。

1/5完了!文字列操作の詳細>
次の章に進む: 日時



^