Excel

動的ドロップダウンリストでフィルタリング

Filter With Dynamic Dropdown List

に含まれている練習ワークシート オンラインビデオトレーニング 。

このビデオでは、動的配列を使用してデータをフィルタリングするドロップダウンリストを作成します。



ここにデータがあります Excelテーブル 「データ」と呼ばれます。

セルJ2に、データを色でフィルタリングするために使用できるドロップダウンリストを設定します。





まず、J2で「赤」と入力するので、フィルタリングするものがあります。

次に、 FILTER機能 セルI5内。配列の場合、完全なテーブルが必要です。 include引数の場合、式を使用して、カラー列の値をセルJ2と比較します。



数式を入力すると、色が「赤」であるレコードのリストが表示されます。

エクセルの最大値と平均値はの例です

「red」を「blue」に置き換えると、新しいデータセットが取得されるため、FILTER関数が正しく機能していることがわかります。

ここで、セルJ2に色を入力したくありません。ドロップダウンリストから色を選択する必要があります。そのためには、データ検証が必要です。

ただし、最初に、固有の色のリストが必要になります。

セルP5では、 UNIQUE機能 リストを抽出するには、を追加します SORT機能 アルファベット順に並べ替えます。

セルJ2に戻り、リボンの[データ]タブにあるデータ検証を適用します。

リストを許可したい。次に、[ソース]で、式= P5#とハッシュ文字を使用して、完全な流出範囲を参照します。

[空白を無視する]がオンになっていることにも注意してください。

[OK]をクリックすると、列Jに一意のリストを含むドロップダウンリストが表示されます。

別の色を選択すると、FILTER関数が応答し、一致するデータの新しいセットを表示します。

ソリューションは動的であることに注意してください。データに「シルバー」などの新しい色を追加すると、シルバーが自動的にリストに表示されます。

これは機能します。かなりうまくいきますが、潜在的な問題が1つあります。 J2を削除してフィルターをクリアすると、一致するレコードがないため、データは返されません。

ここで、J2が空白のときにすべてのデータを表示する場合は、FILTERのinclude引数のロジックを調整する必要があります。

ブール代数の規則に従って、「OR論理」に加算を使用してから式J2 = ''を使用します。

これで、必要に応じて色をフィルタリングできますが、J2をクリアしてすべてのレコードを表示することもできます。

動的配列数式 で利用可能です Excel 365 それだけ。


^