Excel

Excelモード機能

Excel Mode Function

Excelモード機能概要

Excel MODE関数は、数値データセットで最も頻繁に発生する数値を返します。たとえば、= MODE(1,2,4,4,5,5,5,6)は5を返します。



目的最も頻繁に発生する数値を取得します戻り値モードを表す数値。構文= MODE(number1、[number2]、...)引数
  • ナンバー1 -数値を参照する数値またはセル参照。
  • 2番 -[オプション]数値を参照する数値またはセル参照。
バージョン Excel 2003 使用上の注意

Excel MODE関数は、数値データセットで最も頻繁に発生する数値を返します。数値は、数値、範囲、名前付き範囲、または数値を含むセル参照として指定できます。最大255 数字 個別の引数として指定できます。

示されている例では、M4の式は次のとおりです。





 
= MODE (B4:K4)

注:MODE関数は「」として分類されるようになりました。 互換性機能 '。マイクロソフトはそれをお勧めします MODE.SNGL また MODE.MULT 代わりに使用してください。

ノート

  • 指定された番号に重複が含まれていない場合、MODEは#N / Aを返します
  • MODE関数は、空のセル、およびブール値またはテキストを含むセルを無視します。
  • 引数には、数値、名前、配列、または参照を指定できます。


^