Excel

ExcelINDEX関数

Excel Index Function

ExcelINDEX関数まとめExcelINDEX関数は、範囲または配列内の指定された位置の値を返します。 INDEXを使用して、個々の値または行と列全体を取得できます。 INDEXは、MATCH関数でよく使用されます。この関数では、MATCHが位置を見つけてINDEXにフィードします。目的場所に基づいてリストまたはテーブルの値を取得します。戻り値指定された場所の値。構文= INDEX(array、row_num、[col_num]、[area_num])引数
  • 配列 -セルの範囲、または配列定数。
  • row_num -参照または配列の行位置。
  • col_num -[オプション]参照または配列内の列の位置。
  • area_num -[オプション]使用する必要のある参照範囲。
バージョン Excel 2003 使用上の注意

INDEX関数は、範囲または配列内の指定された位置の値を返します。 INDEXは、MATCH関数と一緒に頻繁に使用されます。 MATCHは、位置を見つけてINDEXにフィードします。これにより、その位置の値が返されます。



以下の式は、INDEXを使用して値を取得する方法を示しています。

 
= INDEX (A1:B5,2,2) // returns value in B2 = INDEX (A1:B5,3,1) // returns value in A3

上記の例では、位置は「ハードコードされています」。通常、MATCH関数を使用して位置を検索し、それをINDEXに入力します。この記事では、INDEXとMATCHを多くの例とともに使用する方法について説明します。





INDEXとMATCHの使用方法

優れている場合とそうでない場合

INDEXを使用すると、次のように列全体または行全体を返すことができます。



 
= INDEX (range,0,n) // entire column = INDEX (range,n,0) // entire row

ここで、nは返される列または行の番号を表します。

列内の一意の値を見つける方法

結果としての参照

INDEX関数が リファレンス 結果として。たとえば、次の式では、INDEXはA2を返します。

 
= INDEX (A1:A5,2) // returns A2

典型的な式では、次のようになります。 価値 結果としてセルA2にあるため、INDEXが参照を返していることは明らかではありません。ただし、これは数式の便利な機能です このように 、INDEXを使用してを作成します 動的な名前付き範囲 。あなたは使用することができます セル機能参照を報告する INDEXによって返されます。

2つの形式

INDEX関数には2つの形式があります。 配列リファレンス 。どちらの形式も同じ動作をします。INDEXは、指定された行と列の位置に基づいて配列内の参照を返します。違いは、INDEXの参照形式で許可されることです 複数の配列 、使用する配列を選択するためのオプションの引数とともに。ほとんどの数式はINDEXの配列形式を使用しますが、両方の形式について以下で説明します。

配列形式

INDEXの配列形式では、最初のパラメーターは 配列 、セルの範囲または配列定数として提供されます。 INDEXの配列形式の構文は次のとおりです。

 
 INDEX (array,row_num,[col_num])
  • 両方の場合 row_numcol_num が指定されている場合、INDEXは次の交点のセルの値を返します。 row_numcol_num
  • もしも row_num がゼロに設定されている場合、INDEXは列全体の値の配列を返します。これらの配列値を使用するには、INDEX関数を水平範囲の配列数式として入力するか、配列を別の関数にフィードします。
  • もしも col_num がゼロに設定されている場合、INDEXは行全体の値の配列を返します。これらの配列値を使用するには、INDEX関数を垂直範囲の配列数式として入力するか、配列を別の関数にフィードします。

参照フォーム

INDEXの参照形式では、最初のパラメーターは リファレンス 1つ以上の範囲、および4番目のオプションの引数に area_num 、適切な範囲を選択するために提供されています。 INDEXの参照形式の構文は次のとおりです。

Excelで四分位数を取得する方法
 
 INDEX (reference,row_num,[col_num],[area_num])

INDEXの配列形式と同様に、INDEXの参照形式は、交点のセルの参照を返します。 row_numcol_num 。違いは、 リファレンス 引数に複数の範囲が含まれている、および area_num 使用する範囲を選択します。 NS area_num is引数は、数値インデックスのように機能する数値として提供されます。参照内の最初の配列は1、2番目の配列は2というように続きます。

たとえば、次の式では、 area_num は2として提供され、範囲A7:C10を参照します。

 
= INDEX ((A1:C5,A7:C10),1,3,2)

上記の式では、INDEXはA7:C10の行1と列3の値を返します。

  • の複数の範囲 リファレンス カンマで区切り、括弧で囲みます。
  • すべての範囲を1つのシートに配置する必要があります。そうしないと、INDEXは#VALUEエラーを返します。使用 回避策として機能を選択してください


^