Excel

複数の基準とORロジックを持つCOUNTIF

Countifs With Multiple Criteria

Excelの数式:複数の基準とORロジックを持つCOUNTIFS一般式
= SUM ( COUNTIFS (range,{'red','blue','green'}))
概要

複数の基準とORロジックでカウントするには、COUNTIFS関数を 配列定数 。示されている例では、H6の式は次のとおりです。



 
= SUM ( COUNTIFS (D4:D11,{'complete','pending'}))
説明

デフォルトでは、COUNTIFS関数はANDロジックを適用します。複数の条件を指定する場合、カウントを生成するには、すべての条件が一致する必要があります。

1つの解決策は、複数の基準を提供することです。 配列定数 このような:



別のセル値に基づく条件付き書式設定に優れている
 
{'complete','pending'}

これにより、COUNTIFSは2つの結果を返します。「完了」のカウントと「保留中」のカウントで、 配列結果 このような:

 
{4,2}

最終的な合計を取得するために、SUM内にCOUNTIFSをラップします。次に、SUM関数は配列内のすべての項目を合計し、結果を返します。



別のOR基準を追加する

この数式に基準を1つ追加できますが、1つの列を使用する必要があります 配列 一方の基準には1つの行配列、もう一方の基準には単一の行配列。したがって、たとえば、「AndyGarcia」または「BobJones」のいずれかで「Complete」または「Pending」の注文をカウントするには、次を使用できます。

Excelでのセル参照の式
 
= SUM ( COUNTIFS (D4:D11,{'complete','pending'},C4:C11,{'Bob Jones''Andy Garcia'}))

2番目の配列定数にはセミコロンを使用していることに注意してください。これにより、垂直配列が作成されます。これは、Excelが2つの配列定数の要素を「ペアリング」し、次のようにSUM内の結果の2次元配列を返すために機能します。

 
= SUM ({1,01,0}) 

3つ以上の基準がある場合は、 ここで説明されているSUMPRODUCT式を検討してください

Excelでmirrを計算する方法

基準のセル参照

基準にセル参照を使用するには、 配列式 このような:

 
={ SUM ( COUNTIFS (range1,range2))}

ここで、range1は基準範囲であり、range2には基準が含まれています。

ワイルドカードとダブルカウント

COUNTIFおよびCOUNTIFSのサポート ワイルドカード 、ただし、ORロジックで複数の「contains」条件がある場合は、二重にカウントしないように注意する必要があります。 この例を参照してください 詳細については

著者デイブブランズ


^