Excel

日付をユリウス形式に変換する

Convert Date Julian Format

Excelの数式:日付をユリウス形式に変換する一般式
= YEAR (date)& TEXT (date- DATE ( YEAR (date),1,0),'000')
概要

Excelで日付をユリウス日形式に変換する必要がある場合は、TEXT、YEAR、およびDATE関数を使用する数式を作成することで変換できます。



バックグラウンド

「ユリウス日形式」とは、日付の年の値を「その年の通常の日」(つまり、14日、100日など)と組み合わせて日付スタンプを形成する形式を指します。

いくつかのバリエーションがあります。この形式の日付には、4桁の年(yyyy)または2桁の年(yy)が含まれる場合があり、常に3桁を使用するために、日番号にゼロが埋め込まれる場合とされない場合があります。たとえば、2017年1月21日の日付の場合、次のように表示されます。





 
1721 // YYD 201721 //YYYYD 2017021 // YYYYDDD

解決

2桁の年+パディングを使用しない日番号の場合:

 
= TEXT (B5,'yy')&B5- DATE ( YEAR (B5),1,0)

2桁の年+0から3桁までが埋め込まれた日番号の場合:



 
= TEXT (B5,'yy')& TEXT (B5- DATE ( YEAR (B5),1,0),'000')

4桁の年+0から3桁までが埋め込まれた日番号の場合:

 
= YEAR (B5)& TEXT (B5- DATE ( YEAR (B5),1,0),'000')
説明

この式は、アンパサンド(&)演算子との連結によって結合された2つの部分で最終結果を作成します。

アンパサンドの左側に、年の値を生成します。 2桁の年を抽出するには、数式内に数値形式を適用できるTEXT関数を使用できます。

 
 TEXT (B5,'yy')

通年を抽出するには、YEAR関数を使用します。

 
 YEAR (B5)

アンパサンドの右側で、年の日を把握する必要があります。これを行うには、作業日から前年の最終日を差し引きます。日付は単なるシリアル番号であるため、これにより「n番目」の日が得られます。

前年の年末日を取得するには、DATE関数を使用します。 DATEに年と月の値を指定し、日をゼロにすると、前月の最終日が取得されます。そう:

 
B5- DATE ( YEAR (B5),1,0)

前年の最終日、例では2015年12月31日を示します。

特定のテキストを含む行の選択に優れています

次に、日の値をゼロで埋める必要があります。ここでも、TEXT関数を使用できます。

 
 TEXT (B5- DATE ( YEAR (B5),1,0),'000')

ユリウス日を逆にする

ユリウス日を通常の日付に戻す必要がある場合は、ユリウス日を解析し、月を1、日を「n日」に等しい日付関数で実行する数式を使用できます。たとえば、これにより、1999143のようなyyyydddユリウス日から日付が作成されます。

 
= DATE ( LEFT (A1,4),1, RIGHT (A1,3)) // for yyyyddd

日番号(100、153など)しかない場合は、年をハードコーディングして、次のように日を挿入できます。

 
= DATE (2016,1,A1)

ここで、A1には日番号が含まれています。これが機能するのは、DATE関数が範囲外の値を調整する方法を知っているためです。

著者デイブブランズ


^