Vba

ActiveXコントロール

Activex Controls

作成方法を学ぶ ActiveXコントロール 、コマンドボタン、テキストボックス、リストボックスなど。でActiveXコントロールを作成するには Excel VBA 、次の手順を実行します。



エクセルで最も近い百に丸める

1.上で [開発者]タブ 、[挿入]をクリックします。

2.たとえば、[ActiveXコントロール]グループで、[コマンドボタン]をクリックしてコマンドボタンコントロールを挿入します。





ExcelVBAでActiveXコントロールを作成する

3.ワークシートにコマンドボタンをドラッグします。



4.コマンドボタンを右クリックします(デザインモードが選択されていることを確認してください)。

5. [コードの表示]をクリックします。

コードを見る

注:コントロールを右クリックして([デザインモード]が選択されていることを確認してください)、[プロパティ]をクリックすると、コントロールのキャプションと名前を変更できます。コマンドボタンのキャプションを「青いテキストの色を適用」に変更します。今のところ、コマンドボタンの名前はCommandButton1のままにしておきます。

Visual BasicEditorが表示されます。

6. Private Sub CommandButton1_Click()とEndSubの間に以下に示すコード行を追加します。

コード行を追加する

7.範囲B2:B4を選択し、コマンドボタンをクリックします(デザインモードが選択解除されていることを確認してください)。

結果:

実行コード

1/8完成! ActiveXコントロールの詳細>
次の章に進む: ユーザーフォーム



^