Excel

あなたが本当に知っておくべき54のExcelショートカット

54 Excel Shortcuts You Really Should Know

MacとPCの両方に200を超えるExcelショートカットがあります( ここからPDFをダウンロードできます )。この記事では、最も役立つ50について説明します。 - デイブ



次のワークシート/前のワークシート

多くの場合、同じブック内の異なるワークシート間を行ったり来たりする必要があります。キーボードでこれを行うには、Control + PgDn(Mac:Fn + Control +下矢印)を使用して右側の次のワークシートに移動し、Control + PgUp(Mac:Fn + Control +上矢印)を使用してワークシートに移動します左の方です。

次のワークブック/前のワークブック

次に開いているブックに回転するには、キーボードショートカットのControl + Tab(両方のプラットフォーム)を使用します。方向を逆にするには、Shiftキーを追加します:Control + Shift + Tab。





リボンを展開または折りたたむ

このショートカットは、リボンがまったく使用されていない場合でも、リボンが4行のスペースを占めていることに気付くまでは少し些細なことのように思われます。 Control + F1(Mac:Command + Option + R)を使用して、リボンが不要な場合は折りたたんで、必要な場合は元に戻します。

ビデオ: 12分で30の人気のあるExcelショートカット

[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスを表示します

このショートカット、Control + Alt + V(Mac:Control + Command + V)は実際には貼り付けを終了せず、[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスを開くだけです。その時点で、実行するペーストのタイプを選択する必要があります。



ペーストスペシャルでできることはたくさんありますが、それ自体がトピックです。少なくとも、不要な書式や数式を削除するために、おそらくすでに[形式を選択して貼り付け]を使用しています([形式を選択して貼り付け]> [値])。しかし、フォーマットの貼り付け、列幅の貼り付け、値の乗算と追加、さらにはテーブルの転置もできることをご存知ですか?それはすべてそこにあります。

オートフィルターを切り替えます

リストまたはテーブルを頻繁にフィルタリングする場合は、このショートカットをリストの一番上に配置する必要があります。同じショートカットであるControl + Shift + L(Mac:Command + Shift + F)を使用して、リストまたはデータセットのオンとオフを切り替えることができます。ただし、オートフィルターをオフに切り替えると、設定されているフィルターがすべてクリアされます。したがって、複数のフィルターをアクティブにしている場合は、ショートカットを2回続けて使用して、すべてのフィルターを「リセット」できます。1回はフィルターを削除し(すべてのフィルターをクリアします)、もう1回は新しいオートフィルターを追加します。これは、各フィルターを手動でいじるよりもはるかに高速です。

すべて選択

多くの人が「すべて選択」のショートカットを知っています:Control +A。ただし、Excelでは、このショートカットはコンテキストによって動作が異なります。カーソルが空のセルにある場合、Control + Aはワークシート全体を選択します。しかし、カーソルが次のグループにある場合 隣接するセル 、Control + Aは、代わりにセルのグループ全体を選択します。

カーソルがExcelテーブルにあると、動作が再び変わります。 Control + Aを初めて使用するときは、テーブルデータが選択されます。 2回目は、テーブルデータとテーブルヘッダーの両方が選択されます。最後に、3回目にControl + Aを使用すると、ワークシート全体が選択されます。

データ領域の端に移動します

このショートカットは退屈に聞こえますが、大きなリストやテーブルを日常的に操作する場合は非常に重要です。上下左右にスクロールするのではなく、手動でカーソルをデータに置き、Control +矢印キーを使用してデータ範囲の端まで任意の方向に移動します(Macではコマンドまたはコントロールを使用できます)。カーソルは最初の空のセル(またはスプレッドシートの端のどちらか早い方)に移動します。空のセルから開始すると、動作が逆になります。カーソルはコンテンツのある最初のセルに移動して停止します。

右に移動=コントロール+右矢印
左に移動=コントロール+左矢印
上に移動=コントロール+上矢印
下に移動=コントロール+下矢印

ビデオ: 大きなリストをすばやく移動する方法

カーソルはどれくらい速く動くことができますか?

最新のExcelには100万行以上あります。カーソルをA1に置き、Ctrl +下矢印を押すと、1秒以内に100万行目を超えます。 1インチに約6行あると考えると、次のようになります。

1,048,576行/ 6 = 174,763インチ/ 12 = 14,564フィート/ 5280 = 2.76マイル

1秒で2.76マイル* 60 = 1分あたり165.6マイル* 60 = 1時間あたり9,936マイル。

本当にかかるので 以下 100万行以上を移動するのに1秒もかからないので、時速10,000マイルと呼びましょう。スクロールに勝るものはありません。これまで。

選択範囲をデータの端まで拡張します

大きなテーブルを高速でナビゲートするのはとても楽しいですが、このアイデアを本当に強力にするのは、同時に巨大なセルの帯を選択することです。セルの大きなコレクション(たとえば10,000行)を手動で選択しようとすると、長時間スクロールすることになります。 NS 本当 長い時間。

正気を保ち、スクロールをすべて回避するには、ShiftキーをControl + Arrowショートカットに追加するだけで、現在の選択を*拡張*して、途中のすべてのセルを含めることができます。 Shift + Control + Arrowを使用することの最良の部分は、選択が完全に正確であることです。カーソルは高速で移動していますが、データ領域の端にある10セント硬貨で停止します。

右選択= Shift +コントロール+右矢印
左選択= Shift +コントロール+左矢印
上向き=シフト+コントロール+上向き矢印を選択
下を選択= Shift +コントロール+下矢印

ワークシートの最初のセルに移動

より大きなワークシートをナビゲートすることは、本当に退屈になる可能性があります。もちろん、スクロールバーを使用してワークシートを所定の位置にスクロールできますが、スクロールバーには制御と忍耐が必要です。ワークシートの最初の画面に戻りたいだけの場合は、キーボードショートカットのControl + Home(Mac:Fn + Control +左矢印)を使用します。これにより、どこまでさまよったとしても、セルA1に直接戻ることができます。

ワークシートの最後のセルに移動

同様の方法で、Control + End(Mac:Fn + Control +右矢印)を使用して、ワークシートの「最後のセル」にジャンプできます。最後のセルは何ですか?良い質問。ワークシートの最後のセルは、データを含む最後の行とデータを含む最後の列の交点にあります。多くの場合、ワークシートの最後のセルにはデータ自体が含まれていません。ワークシートの使用部分を構成する長方形の右下の端を定義するだけです。

このショートカットの良い使い方の1つは、ワークシートに気付いていない他のデータがあるかどうかをすばやく確認することです。これを使用して、不明な理由でセルBF1345に漂遊データがあるために、誤って16ページの空白ページを印刷しないようにすることができます。また、ワークブックがディスク上で突然大きくなることに気付いた場合にも役立ちます。この場合、ワークシートのどこかに余分なデータがある可能性があります。

次の一致を見つける

かなり基本的ですが、知っておく価値があります。検索を設定し、少なくとも1つの一致を見つけたら、Shift F4(Mac:Command + G)を使用して「次の一致」を検索し続けることができます。これは、ワークシート内の一致を系統的にステップスルーするための優れた方法です。

ちなみに、検索を有効にするには、Control + F(Mac:Command + F)を使用します。 WindowsおよびMacでは、Control + Hを使用して検索と置換をアクティブにすることもできます。 Windowsでは、これにより、[置換]が選択された状態で[検索と置換]ダイアログが開きます。

行の選択/列の選択

行と列の両方をキーボードショートカットで選択できます。行を選択するには、Shift + Spaceを使用します。列を選択するには、Control + Spaceを使用します。

行または列を選択したら、Shiftキーを押しながら、適切な矢印キーを使用して選択範囲を拡張できます。たとえば、カーソルが行10にあり、Shift + Spaceを押すと、行10が選択されます。次に、Shiftキーを押したまま、上矢印キーまたは下矢印キーを使用して、行10の上または下に追加の行を選択できます。

Excelテーブルで作業している場合、これらの同じショートカットは、ワークシート全体ではなく、テーブル内の行と列を選択することに注意してください。

また、行または列を選択すると、他のキーボードショートカットを使用して、挿入、削除、非表示、および再表示できることに注意してください。

隣接していないセルを選択に追加します

多くの場合、隣り合っていないセルを選択する必要があります。同じデータを複数のセルに入力して(Control + Enterを参照)フォーマットを変更したり、ステータスバーを使用してランダムセルのグループのオンザフライSUMを取得したりすることもできます。これは、Control +クリック(Mac:コマンド+クリック)を使用して簡単に実行できます。最初のセルを選択し、コントロールキーまたはコマンドキーを押しながら他のセルをクリックして、選択範囲に追加します。

ワークシートにアクティブセルを表示する

ワークシートを開いていて、カーソルがどこにも見えない場合があります。矢印キーを押してカーソルを表示する(同時に新しいセルに移動する)か、名前ボックスを参照してアドレスを取得することができます。ただし、Control + Backspace(Mac:Command + Delete)を使用して、ウィンドウの中央にカーソルを自動的にスクロールして表示することもできます。

[移動]ダイアログボックスを表示します

[特別に移動]ダイアログは、[特別に貼り付け]ダイアログに少し似ています。その中には、無害なサウンドコントロールに隠されたユーティリティの宝庫があります。 Go To Specialを使用して数式のみを選択できることをご存知ですか?定数のみ?空白のセルだけ?あなたはそれ以上のことをすることができます。

残念ながら、ショートカットControl + G(両方のプラットフォーム)では、[移動]ダイアログボックスへの途中までしか移動できません。そこから、[特別]ボタンをクリックして、[特別に移動]に移動する必要があります。ただし、Go To Specialは多くのトリッキーで強力な機能へのゲートウェイであるため、Control + Gは依然として価値のあるショートカットです。

Chandooには、Go ToSpecialを詳細に説明する優れた記事があります。 ここ 。

ビデオ: 特別に移動して空白行を削除します

ビデオ: 値が欠落している行を削除するには、[特別]に移動します

データの入力

同じセルで新しい行を開始します

これは、1つのセルに複数の行を入力するために知っておく必要があるショートカットほどではありません。これは(明らかな理由で)Excelユーザーにとってはパズルであることが多く、このパズルが数百万とまではいかなくても数十万のGoogle検索をもたらしたことは間違いありません。明らかになった答えは次のとおりです。Alt+ Enter(Mac:Control + Option + Return)は、セル内に新しい行を追加します。

複数のセルに同じ値を入力します

このショートカットは面白くないように思われるかもしれませんが、その仕組みを理解すると、どれほど頻繁に使用するかに驚くでしょう。複数のセルに同じ値を一度に入力する場合は、Control + Enterを使用します。これは、セルのグループに同じ値または数式を入力する場合に、キーストロークを節約するための優れた方法です。 Control + Enterを使用して、連続していないセルにデータを入力することもできます。 (隣接していないセルを選択するには、前のショートカットを参照してください。)

Control-Enterには、別の用途もあります。セルに値を入力し、Returnキーを押した後も同じセルにとどまる場合に使用します。

現在の日付を挿入/現在の時刻を挿入

現在の日付と時刻を入力するためのこれらの頑固者に言及せずに、Excelショートカットガイドを完成させることはできません。

現在の日付を入力するには、Control +を使用します

現在の時刻を入力するには、Control + Shift +:を使用します。

現在の日付と時刻の両方を入力する場合は、control +と入力し、スペースを入力してから、Control + Shift +:を入力します。

どちらのショートカットでも、excelは、有効なExcelの日付をシリアル番号形式で使用して現在の日付または時刻を入力します。日付は整数、時刻は10進値です。その後、必要に応じて日付または時刻の書式を適用できます。

記入/右記入

これらの便利なショートカットを使用すると、通常の「コピーしてから貼り付ける」パターンを使用せずに、上のセルまたは左のセルからデータをすばやくコピーできます。上のセルから値をコピーするには、Control + Dを使用します。セルから左側にデータをコピーするには、Control + Rを使用します。これらの同じショートカットを使用して、複数のセルにデータをコピーすることもできます。秘訣は、ショートカットを使用する前に、ソースセルとターゲットセルの両方を選択することです。 (ソースセルに直接隣接するセルにコピーする場合、これは必要ありません。)

たとえば、上の行からテーブルの次の6行に値をコピーする場合です。ソース行と次の6つのターゲット行を選択します。次に、control + Dを使用します。

フォーマット

(ほぼ)何でもフォーマット

リボンが引き継がれたので、このショートカットは不要に思えるかもしれません。結局のところ、リボンのキラキラ光るすべてをクリックするだけですよね?ただし、バッタに注意してください。このショートカットは、リボンに表示されない多くの書式設定オプションへのゲートウェイです。さらに良いことに、このショートカットを使用して、フォーマットオプションのフルセットに即座にアクセスできます。 リボンが折りたたまれていても。

通常のセルを選択すると、Control + 1(Mac:Command + 1)で[セルの書式設定]ダイアログが開きます。そこから、数値形式、配置設定、フォント、境界線、塗りつぶし、セル保護にすばやくアクセスでき、リボンでこれらを探す必要はありません。

グラフを操作しているときは、選択した内容に応じて、同じショートカットでさまざまな書式設定ダイアログが開きます。たとえば、グラフ領域を選択している場合、Control + 1(Mac:Command + 1)は[グラフ領域の書式設定]ダイアログを開きます。データバーを選択している場合、ショートカットは[データ系列のフォーマット]ダイアログを開きます。等々。

図形やスマートアートを操作するときにも、このショートカットを使用できます。

結論:リボンの書式設定オプションを探す前に、このショートカットを指定してください。

注:Excelの第一人者に感謝します ジョン・ペルティエ Control + 1はセルをフォーマットするためだけのものではないことを私に指摘してくれました!

太字、斜体、下線

基本的で退屈でありながら不可欠なもの:

太字=コントロール+ B(Mac:コマンド+ B)
イタリック= Control + I(Mac:コマンド+ I)
下線=コントロール+ U(Mac:コマンド+ U)

また、これらの形式を個々の単語や文字に適用できることも知っておく必要があります。セルをダブルクリックして編集モードに入り、フォーマットするテキストを選択して、これらのショートカットの1つを適用するだけです。

数値形式

これらのショートカットは重要ではありませんが、キーボードショートカットを使用して7つの数値形式を適用できることを知っておく価値があります。各ショートカットは同じパターンに従います:Control + Shift + [シンボル]。それらを試してみるのに数分を費やすと、すぐにアイデアが浮かびます。

一般=コントロール+シフト+〜
通貨=コントロール+シフト+ $
パーセンテージ=コントロール+シフト+%
科学=コントロール+シフト+ ^
日付=コントロール+シフト+#
時間=コントロール+シフト+ @
数値=コントロール+シフト+!

目立って存在しない:アカウンティング形式。

アクティブセルを編集する

セルをダブルクリックするか、F2(Mac:control + U)を使用して、アクティブなセルの「編集モード」に入ることができます。

Excelでチャートを反転する方法

絶対/相対参照を切り替えます

数式やセルアドレスを定期的に使用する場合、これは1つのショートカットが不可欠であり、$文字を追加および削除するための面倒なセル参照の編集を大幅に節約できます。ショートカットを使用するには、最初に編集モードに入り、次に変更するセル参照の中または横にカーソルを置きます。次に、F4(Mac:Command + T)を押します。ショートカットを適用するたびに、Excelは相対オプションと絶対オプションを1ステップずつ「回転」します。相対参照から始めて、ローテーションの順序は次のように機能します:絶対、行ロック、列ロック、相対。したがって、たとえば参照A1の場合、$ A $ 1、A $ 1、$ A1、そして最後に再びA1が表示されます。

注:ラップトップでは、機能キーを使用して画面の明るさや音量などを制御する場合は、fn + F4を使用する必要がある場合があります。

ビデオ: 20以上の数式のヒントをスピードラン

選択したセルを自動合計

自動合計は、行と列の両方で機能します。合計するセルの右側または下にある空のセルを選択し、Alt + =(Mac:Command + Shift + T)と入力するだけです。 Excelは、合計しようとしている範囲を推測し、SUM関数を1つのステップで挿入します。より細かく制御するには、最初に、SUM関数を配置するセルを含め、合計する範囲を選択します。これにより、合計範囲に空白またはテキスト値がある場合に、Excelが範囲について誤って推測するのを防ぎます。

さらに満足させるために、Excelに複数のSUM関数を同時に挿入させることができます。複数の列を合計するには、列の下にある空のセルの範囲を選択します。複数の行を合計するには、行の右側の列で空のセルの範囲を選択します。

ショートカットを最大限に満足させるために、Excelにテーブル全体の合計数式を1つのステップで追加させることができます。テーブルの下とテーブルの右側にある空のセルを含む、数値の完全なテーブルを選択します。次に、このショートカットを使用します。 Excelは、各列の下部、各行の右側、および範囲の右下隅にSUM関数を追加し、列の合計、行の合計、および総計をすべて1つのステップで提供します。 Excelショートカットの世界では、それ以上に良くなることはありません。

数式のオンとオフを切り替えます

多くの場合、各セルをクリックせずに、ワークシート内のすべての数式をすばやく確認すると便利です。 Control + 'を使用すると、ワークシート内のすべての数式を一度に表示できます。数式を閉じて、数式の結果を再度表示するには、もう一度Control + 'と入力します。

これにより、ワークシートをすばやく監査できます。数式が使用されている場所を確認し、同時に一貫性を確認できます。

関数の引数を挿入します

このショートカットは少し枕木です。あまり言及されていませんが、かなりかっこいいです。機能:関数を入力するときに、Excelが関数名を認識した後、Control + Shift + A(両方のプラットフォーム)を入力すると、Excelはすべての引数のプレースホルダーを入力します。たとえば、「= DATE(」と入力してからControl + Shift + Aを使用すると、Excelから「= DATE(年、月、日)」が返されます。次に、各引数をダブルクリックして、アドレスまたはに変更できます。必要な価値。

数式に名前を貼り付けます

複雑な数式を編集する場合、最後に必要なのは、名前付き範囲または定数の名前を見つけるために編集モードを終了する必要があることです。このショートカットF3(私が知る限りMacに相当するものはありません、ごめんなさい!)を使えば、そうする必要はありません。 F3キーを押すだけで、Excelによって名前付き範囲ダイアログボックスが開き、必要な名前を貼り付けることができます。

オートコンプリートで関数を受け入れる

関数を入力すると、Excelは目的の関数の名前を推測し、オートコンプリートリストを表示して選択できるようにします。問題は、表示されたオプションの1つをどのように受け入れても、編集モードのままにするかということです。秘訣はタブキーを使用することです。 Tabキーを押すと、Excelは必要に応じて括弧を追加し、数式バーをアクティブのままにして、必要に応じて引数を入力できるようにします。 Macでは、最初に下矢印キーを使用して目的の機能を選択し、次にTabキーを使用する必要があります。

グリッドでの作業

行/列を挿入します

キーボードショートカットを使用して行または列を挿入するには、最初にそれぞれ行または列全体を選択する必要があります。行を挿入する場合でも列を挿入する場合でも、ショートカットは同じです。

  • ノートパソコンのキーボードでは、 コントロールシフト+
  • フルキーボードでは、 コントロール+

古いバージョンのMacExcelでは、ショートカットはControl + Iです。

行全体を選択すると、このショートカットは行を挿入します その上 選択した行。列全体を選択すると、このショートカットは列をに挿入します 選択した列の。

複数の行と列を挿入することもできます。ショートカットを使用する前に、挿入する行または列の数を選択するだけです。

すでに述べたように、キーボードショートカットを使用して、行または列全体を選択できます。Shift+スペースで行を選択し、Control +スペースで列を選択します。

行/列を削除する

行または列の挿入と同様に、行と列を削除して最初に行または列全体を選択するための鍵。行または列を選択すると、行を削除するためのショートカットは、列を削除する場合と同じになります:Control +-(両方のプラットフォーム)。

これと同じショートカットを使用して、複数の行と列を削除することもできます。削除する行または列の数を選択してから、Control +-を使用するだけです。

注:行と列を選択するには、すでに説明したショートカットを使用します。Shift+スペースで行を選択し、Control +スペースで列を選択します。

注2:Control +-を使用するときに行または列全体が選択されていない場合、Excelは、行と列を削除したり、セルをシフトしたりするためのオプションを含む[削除]ダイアログボックスを表示します。

行と列全体を操作する利点

行と列の挿入は、データをすばやく安全に整理するための優れた方法です。行または列全体を追加することで、すべてのセルが同じ量だけシフトされるため、誤ってセルを別の場所に押し出してしまう可能性がなくなります。

同様に、列と行を削除することは、ワークシートをすばやくクリーンアップするための優れた方法です。一挙に、手動でクリーンアップするのが面倒な大量のがらくたを切り取ることができます。有用なものが何も含まれていない行または列の整理を開始する前に、次のことを自問してください。 行または列を削除して、このようなものを削除できますか? もしそうなら、それをしてください!

Excelは、削除する行または列の数を少し気にしません。削除するとすぐに、新しいバッチがサイレントに再追加されます。

列の非表示と再表示

1つ以上の列を非表示にするには、ショートカットControl + 0(両方のプラットフォーム)を使用します。現在の選択と交差する列はすべて非表示になります。必要に応じて、このショートカットを使用する前に、最初に列全体を選択することもできます。

非表示の列の両側の列文字は青色で表示されることに注意してください。

列を再表示するには、最初に非表示の列のいずれかの側にまたがるセルを選択するか、非表示の列にまたがる列を選択する必要があります。次に、キーボードショートカットのControl + Shift +0を使用します。

列を非表示にするためのショートカットにShiftを追加しているだけであることに注意してください。

行の非表示と再表示

1つ以上の行を非表示にするには、ショートカットControl + 9(両方のプラットフォーム)を使用します。現在の選択と交差する行はすべて非表示になります。必要に応じて、最初にもう1つ行全体を選択することもできます。

非表示の行の両側の行番号は青色で表示されることに注意してください。

行を再表示するには、最初に非表示の行のいずれかの側にまたがる行を選択するか、非表示の行にまたがる行全体を選択する必要があります。次に、キーボードショートカットのControl + Shift +9を使用します。

行を非表示にするためのショートカットにShiftを追加しているだけであることに注意してください。

チャート

埋め込みグラフを作成する

埋め込みグラフを作成するには、最初に、ラベルを含め、グラフを構成するデータを選択します。次に、キーボードショートカットAlt + F1(Mac:Fn + Alt + F1 *)を使用します。 Excelは、現在のグラフのデフォルト設定を使用して、同じワークシートに新しいグラフを作成します。

*現在、MacショートカットをMac(Lion、Excel 2011)で動作させることができません。誰か?

新しいワークシートでグラフを作成する

新しいシートにグラフを作成するには、最初にグラフを構成するデータを選択します。次に、キーボードショートカットF11(Mac:Fn + F11)を使用します。 Excelは、現在のグラフのデフォルト設定に基づいて、新しいシートにグラフを作成します。これは、ワークシートのデータの健全性をチェックするための優れた方法です。

Excelショートカットを支援するリソース

  • WinおよびMac用の200のExcelショートカット -オンライン&頻繁に更新
  • ラミネートクイックリファレンスカード -wifiを必要としない便利なリファレンス
  • Macのファンクションキーの使い方 -MacでExcelを使用する場合は必ずお読みください
  • ビデオトレーニング -一口サイズのビデオで200のExcelショートカットを学ぶ
著者デイブブランズ


^